疲れが溜まったときにカンジダが発症する理由

性病は性行為によって感染すると思われている人もいるでしょうが、実際は一概にそうというわけではありません。
そもそも、カンジダ症の場合には、その原因菌であるカンジダ菌が体内に常に存在しています。
菌自体はそう強い菌というわけではないため、発症さえしなければ何ら問題はおこらないわけです。

では、どうしてこうした性病が発症していくことになるのでしょうか。
それは単純に、体内でそのカンジダ菌が繁殖し、数が増えてしまうからです。
こうした菌の繁殖が起きる原因はそれぞれで違ってきますが、性行為だけに限定されることではないという点は確かです。

カンジダ症はもちろん、性行為によっても発症することがあります。
もともと菌の繁殖が顕著な人と性行為に及んだ場合、粘膜接触によって菌が体内にうつりこんでくるわけです。
これが結果的に菌の増殖につながりカンジダ症を発症することになるわけです。

ただ、カンジダ症の場合はただ単に体の調子が悪くても発症する可能性があります。
そもそも、健康な人の身体では免疫力や抵抗力が備わっているため、常に体内に存在している菌に対しても何ら怖いことはありません。
ただ、この免疫力や抵抗力が疲労の蓄積によって弱くなっていた場合には、カンジダ菌の方の力が勝ってしまい、それが雑菌の繁殖へと繋がっていきます。

性病は何も性行為だけで感染するものではない、カンジダ症の場合には疲労によってそれが引き起こされるという点をしっかり押さえておくといいでしょう。
体の不調と共におりものの変化や性器周辺のかゆみ、違和感を感じた場合には、カンジダ症の疑いを持っていくことが大切です。
例え性行為をしていなかったとしても、用心しておくに越したことはありません。

こうしたカンジダ症の治療は早ければ早いに越したことはありません。
それこそ、自分が知らず知らずのうちに感染拡大を促している可能性もあるため、とりわけ注意が必要になっていきます。

カンジダの再発を防ぐ方法について

カンジダは性病の中でも珍しく再発を繰り返すタイプの病気です。
それこそ、ストレスや疲労が蓄積されている人であれば、体調の変化に伴って発症と菌の減少を繰り返すことになります。
ある程度体が元気になれば、体の免疫力や抵抗力もアップして増殖したカンジダ菌に対して対処していくことが可能ですが、その逆も当然あり得ます。

ストレスや疲労の蓄積によって体調に波がある人であればとりわけ、再発のリスクが高まっていくという事です。
こうしたタイミングで性行為があれば、当然のことながら発症の可能性がより高くなって一いきます。

では、こうした再発を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。
まずは生活習慣を改善してストレスや疲労の原因を取り除いていくことです。
免疫力や抵抗力が落ちてしまう原因事態をなくすことで、体の状態を維持することが可能になります。

また、その都度正しい治療を受けることも大切になっていきます。
症状が自然に治まっていくのであれば、わざわざ治療を受けなくてもいいのではと思われる人もいるかもしれませんが、その考えは危険です。

体調が回復して元気になればまだいいのですが、それでも根本的な解決にはなっていません。
体調不良が起こるたびに症状がぶり返す、さらに悪化の一途をたどるとなれば、患者自身にとってもマイナス点が多くなるわけです。
重大な病気、炎症を引き起こす前に早めに治療を受けることでこうしたカンジダ症のデメリットを克服することが出来ます。

カンジダ症の再発を防ぐためには、疲れにくい生活習慣を身に着ける事、症状があらわれた時点で早めに治療に取り組む事、この二つの点が大切になっていきます。
もしかしてと思う症状がすでにあらわれているという人は、参考にしていくといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る