様々にある性病の概要について

手をつなぐパートナー

性病と一括りで言っても、その種類は数多くあり、それぞれの性病ごとに概要や現れる症状、自覚の有無などが変わってきます。
また、その多くが性行為によって引き起こされますが、中には性行為とは違った要因で引き起こされるものもあります。

性病は、不特定多数の相手との性行為で感染するもので、パートナーがいつも決まっていれば感染しないと思っている人もいますが、感染要因は人数だけの問題ではありません。
病原菌の繁殖力もとても強いものが多いため、たとえ1人とのセックスでも感染する可能性はあるのです。

数ある性病の中でも特に発症する確率が高いとされるのが、クラミジア・淋病・ヘルペス・カンジダ・トリコモナス・尖圭コンジローマです。
これらは、概要や症状などが種類によって異なっているため、きちんと発症した病気を解明してから治療する必要があります。
なぜなら、炎症を引き起こす病原菌の種類が異なるからです。

クラミジアと淋病の症状の紹介

クラミジアの概要は、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌が引き起こす感染症で、数ある性病の中で最も多い種類です。
その感染者数は、日本だけでも100万人を超えるといわれています。
これだけ多くの感染者を出している要因には、性病への関心の低さに加え、性行為の若年化や多種多様な性行為の仕方などがあります。

近年では性行為の多様化によって、10代でクラミジアに感染するケースが多発しています。
男女の割合では女子の方がクラミジアに感染する確率が高いことが分かっており、高校生の性行為経験者の中で、男子は全体の6.7%であったのに対し、女子は約2倍の13.1%でした。

クラミジアの特徴としては、感染経路は様々な性行為であり、通常のセックス以外にアナルセックス、オーラルセックスなどです。
オーラルセックスでは、口にも感染します。
男性・女性共に自覚症状が現れにくいため、感染に気付かないまま性行為で相手にうつしてしまうというパターンが多いです。

そのため、性器に多少の違和感を感じても放置してしまうケースが多く、それによって他の病気を発症してしまうことがあります。
また、クラミジアに感染していることで、HIVへの感染率が3倍~5倍になるとされています。

主な症状としては、男性は尿道からの膿・陰茎の軽い発熱や痛み・尿道のかゆみ・軽い排尿痛・精巣上体の腫れなどがあります。
膿は、分泌量はそれほど多くはなく、人によってサラサラしている場合もあれば、粘り気が強い場合もあります。
いずれにしても放置すると前立腺炎や血性液症(精液に血が混じる症状)などを引き起こす場合もあります。

女性の症状としては、おりものの増加・不正出血・下腹部の鈍痛・性交渉時の膣の痛みなどがあります。
しかし、クラミジアに感染した女性の約半数は自覚症状がないともいわれています。
そのため、感染したことに気付かず放置してしまい、それによって卵管炎などを引き起こす場合があります。

更に症状が進行すると、子宮外妊娠や不妊症、腹部まで達すると肝周囲炎の原因になります。

口に感染した場合には、咽頭炎や慢性扁桃腺炎の原因にもなります。
主な症状は、喉の腫れや痛み、発熱などですが、口への感染時においても男女共に自覚症状が現れにくいです。

淋病の概要は、淋菌と呼ばれる病原菌よって引き起こされる性病です。
淋病は感染力が高く、1回のセックスでも約30%の確率で感染するとされています。

また、クラミジアとの関係も密接であり、淋菌に感染した人は2割~3割の確率でクラミジアにも感染するといわれています。
男性に多い性病の一つで、風俗店での性行為(特にオーラルセックス)で感染することが多いです。

淋病の感染経路は多種多様な性行為で、オーラルセックスなどでは喉にも感染します。
主な症状は、男性では尿道の発熱や激しい痛みが生じます。

これにより強い排尿痛、尿道からの膿、精巣上体の腫れなどが起こります。
自覚症状が強く出る場合が多いため比較的早めに淋病の治療をすることができ、病状の進行を防ぐことが可能です。
ただし放置すると、前立腺炎や血性液症などを引き起こす可能性があります。

女性の症状は、子宮の入り口である子宮頸管に感染して炎症を起こします。
これにより、おりものの増加・不正出血・下腹部の痛み・性交渉時の膣の痛みなどが起こります。
クラミジアの症状と類似しており、女性感染者の大半に感染の自覚がありません。

そのため、放置してしまうこともしばしばで、それにより卵管炎や骨盤腹膜炎などを引き起こし、それが原因で不妊症などの確率が上がります。
また、女性の場合は膣と尿道の距離が近いため、尿道炎を引き起こすことも度々あります。

淋病は、オーラルセックスによって口へ感染することもあり、この場合には喉の痛みや腫れ、発熱などを引き起こすことがあります。
しかし、自覚できる人はごくわずかであり、大半の感染者は無症状です。

関連記事

ページ上部へ戻る