性病検査の方法について

性病検査は大きく分けて3つの方法があり、男性の場合でも女性の場合でも保健所・病院・検査キットのどれかで行うことが一般的です。
全国の保健所で行われている性病検査は基本的には無料で受けらえることができますが、基本的にはHIVの検査を中心に行われているためその他の性病を調べたい場合には他の方法をとる必要があることもあります。
メリットとしては匿名で行えるという点です。

病院で行う場合には男性の場合には泌尿器科、女性の場合には産婦人科が利用できるほか小児科や皮膚科などでも受け付けています。
病院では保健所と異なり検査費用の他に初診料などがかかり、自覚症状がない予防のための検査は自費診療となるため保険適用がされないケースも多くあります。
メリットとしては性病が見つかった場合にすぐに治療に入れます。

検査キットを使った方法は匿名性が高く大げさなことにしたくない方にも利用しやすいため最近では主流になっています。
通信販売サイトなどで気軽に購入ができ、検査に必要な道具もキットにすべて含まれています。
価格も比較的安く、分泌液などを自分で採取して検査機関に行えばよいのでプライバシーが気になる方にもおすすめです。

性病の検査は前立腺液などの分泌液や尿を採取して行います。
尿検査は基本的に男性向けの検査で行われ一般的な尿検査と方法は変わりません。
調べられるものは淋病などに限られ、尿検査だけでは発見率が低いタイプの性病の場合には精液や前立腺液を採取して培養検査を行うこともあります。

女性の場合はおりものの検査が行われます。
膣内に綿棒のようなものを数センチほど入れ内側の粘膜をこすりとり膣分泌物を採取し検査する方法です。
一般的な性病の他に膣炎なども調べることができます。
他には血液検査や性病はのどにも感染している場合があるので、のどの粘膜を採取して検査する方法があります。
検査機関によって調べることが出来る検査項目が異なるのであらかじめ問い合わせることをおすすめします。

性病の検査はどの時期に行うと良い?

性病の検査はどの時期に行うのが良いかは風俗店に行った場合などのリスクがあったり、思い当たる自覚症状が出ている場合にはすぐに病院に行き診察を受けましょう。
自覚症状がない場合にはHIVのケースでは感染してからHIV抗体が出来るまでは時間がかかるため感染の危険性があった日から2~3ヶ月後行うように言われることもありますが、リスクがある場合にはすぐに診察を受けるべきです。

性病の中には自覚症状がないケースや症状が軽い場合も多くあります。
この状態で性交渉を行ってしますと相手に性病をうつしてしまいます。
性感染症のリスクがある危険行為などを行った自覚がある場合にはパートナーのためにも数か月をまたずに早めに対策をとることが大事です。
不安な場合には検査の内容を相談しに行くだけでも行うと良いでしょう。
その他の項目が調べられる血液検査などと同時にうけるのもおすすめです。

自覚症状がなく性交渉をしたことがない場合にでも結婚をするのならブライダルチェックを行っておくと良いでしょう。
カップルで検査を受けることは最近では当たり前のことになってきているだけではなく、感染を未然に防いだり治療をスムーズに行えるなどのメリットがあります。
ブライダルチェックは自費診療なのでカップルで使うことで割安となっていることもあります。

性病を調べる時期は病原菌の抗体ができる時期に行わなければ結果に反映されにくいことからリスク数か月後を指定されることもありますが、不安な場合には早めに医療機関などに相談するか、キットなどを利用して調べましょう。
自分の予防や治療のためはもちろん大切なパートナーに病気をうつさないためにも早めに行動をとることが一番良い時期と言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る