トリコモナスと尖圭コンジローマの紹介

症状が出た女性

トリコモナスの概要は、トリコモナス原虫が性器に侵入することで発症する性病で、細菌やウイルス感染による性病とは病原体が異なります。
トリコモナス原虫は体長0.1mm程度で、性交渉で感染するほか、細菌が繁殖しやすい場所、物からも感染することがあります。
そのため、性行為の経験がない女性や高齢者、または子供でも感染することがあります。

主な感染経路は性交渉ですが、その他に下着・タオル・便器・浴槽などから感染することもあります。
病原体が原虫であるため、原虫が様々な場所で移動することでその感染範囲が拡大しやすいのが大きな特徴です。
特に女性に多い性病であり、膣や子宮頸管に寄生して炎症を起こしていきます。

トリコモナスの主な症状は、男性は尿道からの膿や軽い排尿痛が起こることがありますが、ほとんど自覚症状はありません。
尿道に感染した場合には、尿によって原虫が流されることもあります。
自覚症状は少ないですが、トリコモナス原虫に感染している場合には、前立腺や精嚢にも原虫が侵入している場合が多く、それが原因で尿道炎や前立腺炎を引き起こす場合もあります。

女性の場合は、性器と尿道、肛門が一箇所に集中していることから、膣以外に子宮頸管や尿道、膀胱などにも感染することが多いです。
主な症状は、悪臭のある泡状のおりものの増加・外陰部や膣に強いかゆみや痛みなどが発生します。
女性によって自覚症状の有無が異なり、感染者でも20%~50%は無症状の場合があります。
おりものに異常があっても痛みがないからと放置し続けると、卵管にまで原虫が侵入してしまい、それによって不妊症になったり、妊娠しても早産や流産の危険性が高まります。

尖圭コンジローマ感染経路と症状について

尖圭コンジローマの概要は、HPV(ヒトパピローマウイルス)が原因で引き起こされる性病で、患部にいぼ状の突起ができるという特徴があります。
尖圭コンジローマを引き起こすヒトパピローマウイルスは良性型であり、性行為によって感染するケースがほとんどですが、皮膚や粘膜の傷口から感染する場合もあります。
イボの形状は鶏のトサカ状、カリフラワー状、乳頭のような突起状など、人によって形状に違いがあります。

ヒトパピローマウイルスには100種類以上の種類があるとされ、それらは良性型と悪性型に分類することができます。
良性型に感染すると尖圭コンジローマの原因となり、悪性型に感染すると子宮頸がんの原因となります。

尖圭コンジローマの主な症状は、男性・女性共に薄いピンク色をしたイボが性器にできます。
イボは進行すると徐々に肥大するほか、その数も増えていきます。
治療は外科的手術にてイボを切除する方法が採用されますが、イボを切除したとしてもヒトパピローマウイルスを完全に死滅させることはできないため、再発する可能性が高いです。

男性の発症場所は、主に陰茎・亀頭・包皮の内側・陰嚢などで、人によっては肛門の内部やその周辺、尿道口にもできることがあります。
かゆみや軽い痛みが出る場合もありますが、ほとんどの場合は無症状です。
女性の発症場所は、主に大陰唇・小陰唇・膣前庭・膣・子宮頸部などで、場合によっては肛門の内部や肛門周辺、尿道口にもできることがあります。
男性同様、人によっては患部に軽い痛みやかゆみが起こりますが、ほとんどの場合は自覚症状がありません。

ヒトパピローマウイルスに感染している相手とオーラルセックスをすることで、口腔内に感染することがあります。
ウイルスの型が悪性型であった場合には、口腔ガンを発症する可能性が高くなるといわれています。

尖圭コンジローマは発症するまでにおよそ3週間~8ヶ月程かかり、人によって発症する間の期間に大きな差があります。
そのため、不特定多数の相手と性行為をしている人は、発症してもいつの性行為で感染したかを解明するのが困難になる可能性があります。

関連記事

ページ上部へ戻る