おりものの色は性病の判断材料になる

女性の生殖器は膣口から子宮まで、比較的一直線につながっています。
そのため、外部の空気が非常に入り込みやすい状態となっています。
また、膣口の近くには細菌が付着しやすい肛門もあります。
さらに下着の中は湿気が溜まりやすいため、細菌が非常に繁殖しやすい状態となっています。

そんな生殖器を細菌から守っているのが、おりものになります。
おりものには膣口を酸性傾向にし、細菌が繁殖しにくい状態にする効果があります。

また、おりものには精子が子宮内をスムーズに進めるようにする働きもあります。
そのため、排卵日の前にはおりものの量は増え、粘り気も強くなります。
特に20代から30代の頃は女性ホルモンの分泌量も多いため、おりものの量も増えます。

そして通常、おりものは白もしくは透明な色をしています。
例えば排卵日前から、排卵後2~3日の間は透明なゼリー状のおりものが見られます。
一方、排卵日からしばらく経つと白っぽい、ヨーグルト状のものに変化します。
このとき、下着についたおりものを放置してしまうと、中に含まれていたタンパク質が固まります。
また、この過程でタンパク質が黄色に変色することもあります。

そして、この女性の体を守るために働くおりものは、病気を発見するサインにもなります。
というのも、もし性病に感染した場合、感染したものによっておりものの色や状態が変化するためです。
また、性病に感染していない場合でもストレスがかかってたりすると色が変色することがあるため、体の状態を知るための重要な判断材料となります。

例えば通常は白か透明ですが、炎症などにより膿が発生すると黄色がかるようになります。
また、通常はヨーグルト状の粘性を持っていますが、性病に感染すると豆腐のカスのようにボロボロになったり、泡が見られるようになったりします。
このようにおりものはどんな病気かによって性質が変化するため、何の病気かを判断するための重要な要素となります。

黄色のおりものが見えたら要注意!

性病に感染すると、症状として出やすいのがおりものの性質の変化です。
特に黄色のおりものが見えた場合には、注意が必要となります。

例えば下着に付着したおりものが乾燥し、黄色に変色している場合は問題ありません。
問題は、トイレットペーパーでお尻を拭いた時に、おりものの色が明らかに黄色に変色している場合です。

鼻水の場合もそうですが、通常人の体液は白色か透明となっています。
しかし体内に細菌が侵入すると、身体は白血球を使って細菌を倒そうとします。
この時死んだ細胞や白血球を含んだ液体が、膿となります。
体内で発生した膿は鼻水・痰・おりものなどから出されます。
この時、膿が含まれた体液は黄色になっており、悪臭を発生させています。

性病に感染しているとき、白血球は少しでも性病の原因となっているものを排除しようとします。
そしてその過程で膿が発生、おりものに含まれることで、おりものの色は黄色に変色します。

そして性病に感染している場合、色以外にも様々な特徴が現れます。
例えば臭いの種類や、粘性の違いなどです。
そしてこれらの状態を総合的に見ることで、性病の種類を特定することが可能となります。

例えば同じ黄色いおりものでも、泡が混じっている場合と膿状である場合には、原因となる病気の種類が異なります。
また、同じ色をしていても、臭いが生臭い場合もあれば、腐敗臭がする場合もあります。
このように同じ色でも状態によって病気の種類は異なります。

しかし黄色に変色しているということは何かしら身体に問題があるということです。
もしトイレットペーパーで拭いた段階で黄色のおりものがみえた場合は、早急に病院を診察するようにしましょう。
少しでも早く受診することで、早期治療につながるからです。

関連記事

ページ上部へ戻る